仮想通貨で中学受験

50過ぎ❨中卒❩トラック運転手が一人息子の私立中学に向けた学費を仮想通貨で捻出を試みるブログです。

まずお読み下さい。トップ記事固定(たまに追記あり)

一人息子の太郎が中学受験を目指し、それにまつわる備忘録としてのブログです。2017年7月より初めました。

 

登場人物

 

太郎   

 2020年受験組の11歳 3月の早生れなのに身長は既に175cm超えの小学生。

マリオカート妖怪ウォッチにハマっていたけれど、

受験勉強が忙しく1年間はゲームをやっておりません。

その間に大好きな妖怪ウォッチがテレビ放送終了となった事さえ知りません。

 

受験も終了して妖怪ウォッチの終了に驚愕しておりましたが、最近ハクション大魔王にハマりだしてます。

 

 

妻   

 太郎の母。中国で産まれ育ち約20年前に来日。気が強く不満があると直ぐ口に出すのでケンカしてもほとんどその時で解決する。近所のスーパーでパートとして働く。

とても働き者で非常に感謝している。

妻の存在がなければ中学受験自体無理だったと思う。

 

私    

 太郎の父。四捨五入すると還暦の年齢。最終学歴中卒のトラック運転手。十代の頃から高レート麻雀を打っていたほどの博打好き。今では株式と仮想通貨に資金を投じて学費捻出に励む。

過去に株式投資で数千万の利益を吹っ飛ばした経験あり。

 

 最近新たに訪問される方が増えており大変感謝しております。

今現在仕事が土日休みなのでブログの更新は基本的に

月曜~金曜の毎日です。

特別な場合を除き土日は更新しません。

ごく稀に土日更新することもありますが、

その場合は事前に報告しております。

 

コメント欄は開放しておりますので、

どなたでも書き込み可能です。

がしかし、全てのコメントを認証していませんので、

原則的に私のブログはコメントを書かれても表示されません。

 

応援頂ければ非常に嬉しいし、励みにもなります。

もちろん批判や間違えのご指摘はお受けします。

自分にとって賛成の意見だけのコメントをだけ載せるとフェアじゃないし、批判的なコメント非認証にすると読んでいて気持ちの悪いブログになってしまうので、

全てのコメントは非掲載にしております。

 

その代わり、本文中の記事にて返信しておりますので、予めご承知おき下さい。

 

1月の回想録 その16

1/16 (木)

 

 

他のブログを読んでみると、この時期必ずと言っていいほど出てくる話題に『1月学校休むのか問題』がある。
去年も一昨年も各ブログの半分以上はこの話題が上がる。
毎年ながら、はっきり言ってどうでもいいのではと思う。
休むのも有り、通学させるのも有りである。
親や子供の考えてをぶつけ合わせて結論を出せば良いだけだ。
赤の他人のブログを読み比べて、自分の家はどうするかを悩んでいる親は馬鹿なのだろうか。

 

太郎は六年間皆勤賞を狙っていたけれど、確かに四年生の時に原因不明の目眩で早退させてしまったのでもう皆勤には拘らない。
もし皆勤が続いていたら首に縄を付けてでも通学させていただろう。
太郎に聞いたら、学校行っていた方が気が紛れるから行くとのこと。
ならば親が休めと言う必要なも無い。

 

但しインフルエンザ等が流行り出したら休ませる事は事前に担任の先生にお伝えしてある。
私はこの程度のスタンスで良いと思うのだが。

因みに太郎と同じグラスで中学受験するのは太郎を含めて男、男、女の三名いるらしい。
この女子は1月は全部休みみたいだ。
確かにこの女子の家庭はお母さんが専業主婦なのでそれも有りだろう。
我が家みたいな共働き家庭では子供一人だけになる。
いくら受験生といえ、そんな環境で勉強だけに集中してできるかと言えば甚だ疑問だ。

故に各家庭て事前に決めておかれる事が望ましい。
いちばんまずいのはネットやまわりの状況で親が不安定になることだと思う。
子供の前でどっち付かずでオロオロしてたり、ブレることが子供の不安を増長しかねない。
休むと決めたら休ませる。行くと決めたら通わせる。

 

学校休んで勉強したって落ちる子供は必ず落ちる。この時期に慌てて学校休まなければならない状況を作ってしまった親と塾の責任である。

 

栄東のB日程まで後2日。

 

1月の回想録 その15

1/15 (水)

 

 

そうそう、書き忘れていたが城北埼玉の一般入試の結果は試験翌日に発表されていた。
信じられないだろうが本人も親も忘れていたのだ。
一度合格した学校の扱いなどこんな程度なのかも知れない。

 

この学校を第一志望にして頑張ってきた家庭が聞いたら激怒しそうなことだろう。
誰かの滑り止めは誰かの本命校。
その本命校に対してこんなぞんざいな扱いをしていたことがバレたら怨まれるだろう。


ネットに接続して確認したらこちらも特待合格となっていた。
一般入試でも特待合格が出るとは全然知らなかった、
まあ、当たり前の結果と言えば当たり前だが太郎は喜んでいた。

 

合格一つに付きインセンティブの1000円がお年玉に加算されるので、
今現在は12月の末日に渡す月の小遣いが1000円。お年玉が2000円。城北埼玉の合格が二つで2000円の合計5000円になっている。
後は栄東のリベンジと2/1からスタートする都内の学校でお年玉が決まるから太郎も必死なのだろう。

 

太郎は今日も学校から帰宅して塾の自習室に向かった。

栄東のB日程まで後3日。

1月の回想録 その14

1/14 (火)

 

太郎とのやり取りが終わり、一人であれこれ考えてみる。

栄東B 日程は加点があるとはいえ、もしまた不合格だったらどうしようと。
そもそも栄東に通わす気も無いのに受験を薦めた塾長が恨めしい。
最も安請け合いした自分にも責任はあるのだが。

 

栄東の入試はキャンセルしてもいいんじゃないかと妻と話し合った。
私自身の考えは通うつもりも無いのに無理して受験するの無駄だ。いくら過去問で点数が取れていても試験は水もの。何が起こるかわからない。

現実として準備不足は否めないし、こんなところで不合格の結果を見るのはメンタル的にもデメリット以外のなにものでも無い。

それに対して合格するメリットは何もない。
概ねその考え方には妻も賛同していた。
夫婦の結論としてB 日程は回避することになった。
後は太郎の気持ちを聞いてから塾長に報告するだけた。


今日も学校から帰って直ぐに塾の自習室に行っている太郎が19:30に帰宅してきた。
そこで太郎に栄東B 日程の話を太郎にしてみた。


『太郎、栄東B 日程のことなんだけどな』

「何?」

『お母さんとも話し合ったんだけど、受かっても通うことも無いんだから、試験をキャンセルしようかと思うんだ』

「えっ何で?俺受けるよ」

『だって不合格だったらショックだろ?』

「次は受かるから大丈夫だよ」

『…そうか、取り越し苦労だったな。結果なんか気にしなくていいから頑張れよ』

「任せろよ」


自分が12歳の太郎の立場だったら同じ返事をしていただろうか?
いや、きっと反対の答をしていただろう。

きっと逃げ出していただろう。
若い時からどんなことも楽な方を選んで、真剣なことから逃げてばかりいた。
その結果ツケがまとまって自分に返ってきた。
人生かけて若い時のツケを未だに払い続けている自分の子供がこんなに逞しくなっているなんて。

子供が成長すると同時に親も子供を通して成長させられることを痛感した。

イカン、また涙腺が緩んでしまう。


雨降って地固まるという諺はこういった時にこそ使えるんだなと頭の中に浮かんだ。

 

栄東のB日程まで後4日。

 

1月の回想録 その13

1/13 (月)成人の日

 


昨晩寝る前に太郎に話してみた。

『なあ、太郎』

「ん、何?」

『あのさ、栄東の国語がダメだっただろ?』

「うん」

『あれさー、かなり緊張した?』

「いや、そんなことないよ」

『今まで俺が緊張しないから平気みたいなことばっかり言っていたけれど、太郎はどうなんだ?』

「俺だって別に緊張してないよ」

『そうかな、さっき過去にやった試験のデータを全部見直したんだげれど、どれも初会場の初っぱなのテストの点数が悪いんだよ』

「んー、確かにその傾向はあるかも…」

『やっぱりそうか、悪かったな、今まで無理させて』

「なんでオヤジが謝るんだよ?」

『俺が普段から緊張しないような事ばっか言っていたから太郎もそれに合わせていたんだろ?』

「んなことねーよ」

『いや、そんなことあるんだよ、俺が最後に受けた試験は40年近く前の運転免許だけだろ?それ以来試験らしい試験は受けていないんだ。』

「それで?」

『あまりにも歳を取りすぎて自分の試験の記憶が全く無いんだよ、だから試験でも何にでも緊張しないってこと自体、自分で勝手に都合良く上書きしていたのかも知れないんだ』

「…」

『だからそんな虚栄を張らせてしまって悪かったな。

もし俺が12歳の時に今の太郎みたいに試験の連続だったら、きっと緊張し過ぎてキンタマ縮み上がってションベンちびっているよ!』


張り詰めていた糸が切れたのか、この一言で大笑いし出した。
調子に乗ってもう一言付け加えた。

『場合によったらウ🌑チも漏らしていたかも(笑)』

 

益々笑いこけている。


よかった。


しかし少し笑っている時間が長いと思って太郎の顔を見たら大粒の涙がポロポロ頬を伝っていた。

笑いながら泣いていたのだ。

 

こちらも堪えきれずに涙が出てきたがグッとこらえ、目に涙を溜めて鼻声になりながら
『辛かっただろ、次からは自然体でいいからな』と伝えて部屋を出て、一人布団の中で声をこらえて泣いた。

 

栄東のB日程まで後5日。

 

1月の回想録 その12

1/12 (日)

 

 

今日は城北埼玉の一般入試の日だ。
既に特待合格を貰ってはいるのだが、試験代金は払っているし、日曜日なので太郎の送り迎えは私の仕事だ。

 

その最大の理由は、城北埼玉の近所にスーパー銭湯があるのだ。
だから太郎を学校のそばで降ろし私は銭湯に直行。

さすがにビールは飲めないがゆっくり温泉に浸かって時間を潰す。

今回ばかりは太郎も私も緊張感ゼロだ。
これこそ受かろうが落ちようが全くもって関係ない。
風呂に浸かりながらふと考えてみた。


栄東のA日程もそうなのだが、太郎は初物に弱いような気がする。
まあ、太郎に限らず11、2歳の子供だから、それほど色んな経験は積んでおらず、初めての場所や雰囲気に気圧される気質があるのだろう。

こう考えれば全て合点がいく。
首都圏模試も合不合判定も全統小も初回のテストが総じて悪いのだ。
その現れが今回も出てしまっていたのか。

そこで試験が終わった太郎を迎えに行き、外食してから帰宅。
すぐに過去の模試の成績表を引っ張り出して見比べて見ると、やはり初回のテストの最初の科目が総じて悪い。

あー、もっと早くから気付いてやれれば多少なりとも打つ手はあったのに。


今頃になって気付くとはダメ親丸出しだ。

だから午前の一発目に緊張して力を出しきれなかったが、午後の入試は試験自体に慣れてきていたので普段通りの実力で挑めたわけだ。

 

やはり口では平気な事を言っていても所詮は子供だった。
アホな親でも子供なりに安心させたかったから平然を装っていたのだ。

そんな雰囲気にさせてしまった自分を悔いた。常識的に考えて酸いも甘いも噛み分けてきたアラ還ジジイと小学生が同じ気持ちの訳もがあるまい。
申し訳ない気持ちで一杯になってしまった。


太郎は帰宅して直ぐに塾に行き過去問の解法を聞きに行った。
帰ってきたら夜に寝る前に謝らなければならない。