仮想通貨で中学受験

50過ぎ❨中卒❩トラック運転手が一人息子の私立中学に向けた学費を仮想通貨で捻出を試みるブログです。

Zaifの話

 コインチェックのほとぼりが冷めたけれど、仮想通貨の市場はめっきり冷え込んだままですね。
こちらでもあえて話題に出すほどでも無かったので、しばらく仮想通貨関連の記事は書かなかったのです。
しかし、今回は触れない訳にはいきませんね。

 既に報道されているのでご存じだと思いますが、ザイフからの仮想通貨流出事件です。
金額にして67億円の流出で顧客の資産が約50億、自己資本が20億だそうです。
コインチェックの事件を見ていて何も対策を講じなかったのかが理解できませんね。
ホットウォレットに預り金を保管すると外部からアタックされるから、必ずコールドウォレットに入れているものだと思っていたのに。
なんでそんな事も出来ないのだろう?
ザイフの話は以前にしたかどうか覚えていませんが、私は口座を持っております。少し調べてからもう一度週明けにでも書きますね。

 

シルバーウィーク

 春のゴールデンウィークに対して秋はシルバーウィークって言ってましたよね?
気がつけば9月も中盤も過ぎて2週続けて三連休があるものの、シルバーウィークの単語自体耳にしませんね。祝日の並びによって有ったり無かったりするのでしょうかね。

 先週の三連休は学童のパパさん達と飲み会を開いて楽しい時間を過ごせました。
しかし太郎が学童から離れ学童主催のイベントに参加出来なくなってからパパ同士の話題に着いていけなくなってきました。
しかも仲の良いパパさんが殆んど女の子のお父さんなので、話の噛み合わないところが多かったですね。
こちらは思春期の男の子に対する情報を求めても女の子の親だと性教育に関しても関心が薄いように思えました。

 塾でのお父さん達ともコミュニケーションを取りたいけれど、塾の送迎でお父さんが来られている家庭は見たことも無いのです。
やはり時間的に父親の帰れる時間では無いので仕方が無いですね。

 世の中の子育て父さん達はどのように情報収集しているのでしょう?
インターネットが主体なのですかね?

 私自身、父親が単身赴任で年に数回しか会えなかったので、反抗期や思春期の時期に父親が関わっていない為、子供に対する接し方が分かりません。

どなたかコメント頂ければ幸いです。

 

割合問題 その2

 以前記しました割合の問題ですが、再び太郎が解くのに苦労しております。
私も何度か解いていたので

『どれどれ、お父さんが解いてやるぞ』

ドヤ顔で質問を読んでみると、思いの他難しく苦戦して、やっとの事で答を出しました。
(太郎の塾では問題集の答は受講が終わるまで渡されません)

しかし、塾の先生に提出すると見事に不正解!
帰宅してきた太郎に散々文句を言われて父親の威厳が丸潰れになりました。

 その問題に似た問題がまた出たので親子揃って解き方を忘れてしまい、再び苦労しております。
どなたか算数の得意な方がおりましたら解法を教えて下さい。
 


「AさんとBさんが、おこづかいから2人で同じ本を買いました。
AさんとBさんの残りのお金は、それぞれ最初に持っていたお金の1/3と1/4になりました。
Aさんの最初に持っていたお金の4/5は Bさんの最初に持っていたお金の3/8より420円多かったそうです。
2人が最初に持っていたお金は何円ずつでしょうか?」

 

 

こんな問題です。
頭のいい人がおりましたら解法をお願いします。

首都圏模試 二回目の話 その5

 首都圏模試の結果が出たみたいですね。太郎が塾より返却される前に妻がネット経由で調べたみたいです。
偏差値で言えば

算数・64
理科・60
国語・51
社会・55

だそうです。

まあまあの得点だと思いますが、妻曰く
『第一志望には届いていない』と言っています。
ここから弱点を強めて取りこぼしを少なくすれば、あと数ポイントぐらいは積み上がると思うのですがね。

 男と女の考え方の違いなのか妻は若干悲観的に捉えているみたいです。
あくまでも模試なんだし、算数の高得点を誉めてあげてもいいと思うのですが。

 当人の太郎は学校の宿題に追われて塾の宿題が後回しになっております。
 秋田県の小学生が学力全国一になったのは『自主学習』と言う名の宿題で生徒の好きな課題で提出させている事が要因の一つだとされているみたいですね。
太郎の小学校でも同様の取り組みを始めたらしく、自主学習ノートなる物を作って自分で調べた項目を4ページ分作成するみたいです。
 これって夏休みの自由研究がエンドレスに出るみたいですよね。
親がある程度関わらないと課題すら見つける事もできないから、生徒も親も確認する先生も多大な負担だと思うのですが。

首都圏模試 二回目の話 その4

 「六年生になると文化祭や学校見学に行けなくなるよ」などと中学受験の本によく書かれていますね。
確かに塾のスケジュールを見てみると土日に動くのは難しそうですね。

 太郎のお友だちの優子ちゃんは一学期まだは毎週日曜日になると我が家に来ていたのに、二学期に入ると文化祭や学校説明会に出掛けています。
しかし太郎は相変わらずマリオカートに夢中で学園祭などには一向に興味を示しません。
土日の休みでも塾の宿題を45分やって15分の休憩時間は目一杯マリオカートを楽しんでいます。
やはり志望校とは言っても親の意向が挟まれているので実感が湧かないのかも知れませんね。

首都圏模試の成績が帰って来たら自分の実力と志望校との差を見せてから学園祭巡りを考えております。